HORNET600の部屋

最近の情報

1999/ 4/ 1 ホーネット600に250のシート ホンダ二輪関東の「掲示板」で、250のシートが600に使えることを確認。定価16800円
1998/12/14 ホーネット600に新色追加 パールレスホワイト」追加
1998/11/ 1 モーターサイクリスト 12月号 2ページにわたって情報あり<p80〜p81>・維持のポイント・これが裏技・カスタムのキモ


1998年2月10日 本田技研工業発表 

ボリューム感とスリムさを併せもつ車体に高い出力性能の水冷・直列4気筒・600cc
エンジンを搭載したネイキッドロードスポーツ「ホンダ ホーネット600」を発売
------------------------------------------------------------------------------
 本田技研工業(株)は、軽量でコンパクトなフレームに、低・中速域から高速域までスムーズで力強い出力特性の水冷・4サイクル・直列4気筒600ccエンジンを搭載したボリューム感あふれるデザインのネイキッドロードスポーツモデル「ホンダ ホーネット600」を3月6日より発売する。
 このホーネット600は、昨年の第32回東京モーターショーに参考出品し、スポーツモデルユーザーに好評を得たモデルである。
 車体は、クラスを超えたボリューム感で好評のホーネット(250cc)のフレームを踏襲しながらも、600ccの高性能エンジンをバランス良く搭載している。
 エンジンは、CBR600Fに搭載し定評の水冷・4サイクルDOHC・直列4気筒・600ccを搭載し、市街地走行から高速道路を使用したツーリングまで、幅広い使用用途で扱いやすい出力特性としている。
 ホーネット600は、スポーツマインドあふれるユーザーに、走る楽しさと所有する事の喜びを提供する、機能美にあふれたネイキッドロードスポーツモデルである。

●販売計画台数 (国内・年間) 1,500台
●メーカー希望小売価格 629,000円
(地域希望小売価格の一例:北海道は20,000円高、沖縄は10,000円高、その他一部地域を除く。)
(参考価格。消費税を含まず。)

<ホーネット600の主な特徴>

●低・中速域から高速域まで、スムーズで力強い出力特性の水冷・4サイクル・DOHC直列4気筒エンジン CBR600Fに搭載され、高い信頼性と扱いやすさで定評の599cm3のエンジンをベースに、吸排気系のセッティングを変更する事で、CBR600Fに比べ最大トルクで0.2kgm高い5.3kgm/7,500rpmを発揮させ、低・中回転域で一段と力強い特性としている。

=CBR600Fからの主な変更点=
キャブレターのメインボア径を36mmから34mmに小径化を図り、主に低回転域でのトルクを向上。
吸入管(インレットパイプ)の長さを30mm延ばす事で、吸気脈動効果を高め低・中回転域とパーシャル域でのトルクを向上。
エキゾーストパイプからマフラーの入り口までの管長を、360mm延長する事で、全回転域で豊かなトルク特性を実現。

●軽量・コンパクトながら、圧倒的なボリューム感に満ちた車体
フレームは、ホーネット(250cc)で定評のモノバックボーン・フレームを踏襲。
600ccのエンジンに合わせ、フロントエンジンハンガーを変更している。また、車体全体の剛性バランスを図る事で、安定感のあるシャープな操縦性を実現している。
タイヤは、ホーネットに採用している幅広ラジアルタイヤ(前:130/70ZR16 後:180/55ZR17)によって、優れたコーナリング性能と、圧倒的なボリューム感を併せ持たせている。

●存在感と迫力に満ちたスタイリング
燃料タンクからリアフェンダーまでを、グラマラスな曲面で構成。リアに高く引き上げられたマフラーや極太のリアタイヤなどにより、存在感のある精悍なスタイリングとしている。

カラーリング
ホーネット600の機能美とスタイリングを強調させるキャンディミュトスマゼンタとヘビーグレーメタリックの2色を用意している。

1.主要諸元<ホンダホームページより>1998.3.6発売
通 称 名
ホーネット600
車 名・型 式 ホンダ・PC34
全長×全幅×全高 (m) 2.040×0.740×1.055
軸 距 (m) 1.430
最低地上高 (m) 0.135
シート高 (m) 0.79
車両重量/乾燥重量 (kg) 195/176
乗車定員 (人) 2
燃料消費率(km/L) 60km/h定地走行テスト値 30.2
最小回転半径 (m) 2.6
エンジン型式 PC25E・水冷4サイクルDOHC直列4気筒
総排気量 (cm3) 599
内径×行程 (mm) 65.0×45.2
圧縮比 12.0
最高出力 (PS/rpm) 69/11,500
最大トルク (kgm/rpm) 5.3/7,500
キャブレター型式 VP49
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
潤滑油容量 (L) 4.2
燃料タンク容量 (L) 16
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変 速 比 1速 2.928
2速 2.062
3速 1.647
4速 1.368
5速 1.200
6速 1.086
減速比(1次/2次) 1.863/2.666 キャスター(度)/トレール(mm) 25°40′/98
タイヤサイズ 130/70ZR16 (61W)
180/55ZR17 (73W)
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式
フレーム形式 ダイヤモンド( モノバックボーン)

2.ホーネット600関連
・1997年のモーターショーでデビュー
 名古屋モーターショーで撮影

・ホーネット600「開発ストーリー」<モーターサイクリスト5月号 P145〜P157より>
 ホーネット600開発スタッフ
 開発責任者    原 国隆−−−「・・・ホーネット600は、さらにひとつ上の感動を乗る人に与えたい。・・・」
 開発責任者代行 吉村俊宏−−−「・・・これほどわくわくくるバイクはないと思います。・・・」
 デザイン担当   水田耕司−−−「・・・現在、先端のネイキッドバイクではないかと思います」」
 フレーム設計   網野秀夫−−−「・・・違いがわかるライダーのバイクです。」

・「ホーネット600」 VS 「ZRX1100−U」<モーターサイクリスト5月号 P144〜P151>
 日本でこのミドルが認められるだろうか。

・「ホーネット600」サービスマニュアル 3740円<レーシングワールド名古屋にて購入>

・「ホーネット600」月別登録台数<1998年>

 月 登録台数  累計 順位   備  考
 3月  135台 144台 10位 前月まで9台
 4月  150台 294台 13位 残念10位までに
入れなかった
 5月   80台 374台 15位 私もこの1台に入
っているかな。
 6月 不明 −−− −− 各誌に掲載なし
20位以内に入れず
 7月 不明 どうやって調べるのかな
 8月 不明
 9月 不明
10月 不明