バイクのミニ講座

1.バイクの始まり  2.馬力  3.エンジン  4.バイク  5.ブレーキ  6.タイヤ

※参考文献 「くるまとバイクのミニ知識」ホンダコレクションホール

1.バイクの始まり

  1883年 ドイツ人ゴットリープ・ダイムラーは、ガソリンを燃料としたエンジンを発明した。


.馬力
  馬力の単位は、イギリス人ジェームス・ワットが蒸気機関を発明したとき、その 仕事をする能力を馬1頭の力と比較し、わかりやすくするためにきめられた。
  現在では、1馬力は、75kgの重りを1秒間に1m持ち上げる仕事能力のこととなっている。









3.エンジン
  ガソリンと空気を「吸気」し、効果的に爆発させるために「圧縮」をする。そして、「爆発」させ、
  燃えたガスを「排気」する4つの作業を連続して行っている。 
  エンジンには、4サイクルエンジンと2サイクルエンジンがある。

        2サイクル




           4サイクル

4.バイクはなぜ倒れない

5.ブレーキ
  ブレーキには、ドラムブレーキとディスクブレーキがある。

 ドラムブレーキとディスクブレーキ

6.タイヤ