’99「鈴鹿8耐」観戦記

今年、生まれて初めての「8耐観戦」に家族4人で出かけた。

 7月24日朝6時に自宅出発、7時過ぎには「鈴鹿サーキット」に到着した。まずは、HARTブースへ行く。8時に並んでH・A・R・Tヘッドホンラジオをもらう。意外と人は少なかった。その後SP4耐の見学をした。

 12時45分には、ピットウォークに参加したが、とても見られる雰囲気ではなかった。とにかく人人人。かろうじて「チームイワキ」の宗和選手にサインをもらった。そこで宗和選手に「辻本選手は大丈夫ですか。」と聞いたら、「あいつ出たくないんだから・・・」という返事にちょっとびっくり「けがじゃないんだよ」と言っていた。本当かな。

 15時には、スペシャルステージを見た。辻本聡→大島・スペンサー→武田雄一に交代したようだ。青木治親選手アはタック中止で戻ってきた。伊藤真一選手はトップだった。スペシャルステージでおもしろいと思ったのは各ライダーのテーマ曲だ。特に加藤大治郎選手は惜しくも3位だったが、テーマ曲が「天国と地獄」で観衆にうけていた。なかなか選手を知る上で興味ある内容だった。

 夜には、前夜祭に行った。すごくよかった。花火は数も規模も超一流。「アラジン」の完全無欠のロックンローラーを久しぶりに聞いた。メンバーの中に中学生の娘がいる人がいるそうで月日を感じた。「風よ鈴鹿へ」を久しぶりに聞いた。やっぱりいい曲だ。
また、石井竜也の「朝日につづく道」もテンポもよくよかった。コンサートは素晴らしかった。何年ぶりかの「体の中からから感動」し思わず年甲斐もなく手拍子を打った。
 夜は、鈴鹿サーッキトオートキャンプフィールドのトレーラーハウスで快適に寝ることが出来た。

 7月25日の決勝当日は、7時30分に「ミシュラン」のブースに子供にビバンダムをかぶらせて行き、ハンカチをもらった。次に「HART」で「HMSC」の旗と帽子をもらった。そして、「ホンダフレンドシップパーティー」の招待券をもらった。
 朝のピットウォークに行こうと思ったが、ものすごい人で断念をした。

 9時からは、B2エリアで観戦していた。アトラクションでは、昔のバイクが走ったり、トライアルの模範演技があったり、親子バイク教室の参加者のパレードがあったりした。スタート前にDエリアに移り観戦、オープンカーで石井竜也・アラジン・なぜかしら梅宮アンナが登場した。

 いよいよライダーがやってきた。コースに出たときに車椅子の「青木琢磨」選手を発見。手を振って応えてくれた。そして、33伊藤選手のすぐ前でスタートを待った。
 ウォーミングアップ走行で意外なことがあった。FCC青木選手ののバイクが止まってエンジンがかからなかった。懸命にセルを回すがだめで、ライダーが降りた。途中で大きな音もして、周りを驚かせた。長い時間だった。それだけスタートしたかったのだろう。ピットに戻る「後ろ姿はとても悲しく小さく見えた。」

 11時30分にスタート。伊藤選手トップで第1コーナーへ順調に滑り出した。レース中盤は、観覧車からも見た。途中2時前には小雨も降った。コンディションが悪く、ライダーも困ったことだろう。
 伊藤・宇川両選手の転倒や、加藤大治郎選手等も転倒し、岡田・バロス組が危なげなく優勝した。最後のカワサキの井筒選手の追い上げは驚いた。

 しかし、結果は、ホンダの1・2フィニッシュだった。2位にはスライト・エドワード組が。ウイニングランでは、全員総立ちで出迎えた。「ご苦労さん。お疲れさま。」
 その後の「花火」は、また格別だった。

 レース後は、21時からホンダフレンドシップパーティーに夫婦で参加した。ワークスのライダーの他、青木治親・青木拓磨兄弟、ホンダの吉野浩行社長、スペンサーさんにも会い、サインをもらい一緒に写真を撮った。また、橋国光名誉監督にもサインをもらった。吉野浩行社長は短く「バイクは素晴らしい」と書いてくれた。
 22時30分 こうして私たち家族4人の「8耐」は、終わった。トレーラーサイトに戻り、眠れない時間を過ごした。次の日、朝1番で、レーシングコースを見に行った。そこには、ガランとしたスタンドと、片づけをしている人と、トラックしか見えなかった。

 「夢」を求める男たちのドラマに出演したような気分だ。「8耐」は、どうして夏なんだろう。走る人も見る人にも適した季節があるんじゃないか。
 しかし、夏じゃないといけないことがあるんだね。それは、人やバイクの極限を知るためじゃないかな。一番厳しい夏にこそ走る意味がある。
 私たちも、日頃太陽に当たらない生活でひ弱になった体にむち打って足や腕や顔を日焼けで真っ赤にして「8時間耐久レース」を観戦する。
 その中から「自分たちの限界」へ挑戦してゆく。ライダーもスタッフもスタンドで観戦の人も「ひたむきな顔」「素晴らしい顔」になっていくんだ。レースが終わって「風呂」に入ったとき、体にひりひりと日焼けの痛みを感じる。この痛みは、なぜか心地よい、満足感のある痛みだった。
 自分で自分を誉めている。「よく頑張ったぞ。」忘れかけてる若い頃の「夢」を追いかける人間に戻る時である。
 8時間走り終えた時、なぜか目頭が熱くなり、涙が出る。誰かが言った「8耐は泣ける」まさにその言葉通りの2日間だった。
 去年25年ぶりに乗り始めたバイク、生まれて初めて間近で観戦した「8耐」。何もかもが新鮮だった。この感動を多くの人に味わってほしい。あんなに頑張って走っている人がいるんだ。今からでも遅くない。「夢」の実現へ向けてスタートしよう。

katsukunとバイク