’98「会社案内」        ’97「会社案内」    


’98「会社案内」より

基本理念 人間尊重
          三つの喜び(買う喜び、売る喜び、作る喜び)

社是
      私たちは、世界的視野に立ち、
      世界中の顧客の満足のために、
      質の高い商品を適正な価格で提供することに全力を尽くす。

地球とともに、社会とともに、ホンダは進化を続けています

 1948年に誕生して以来、ホンダは常に「世界に類のないものをつくりたい」という夢をこめて世界中の
お客さまにさまざまな商品を送りだしてきました。それは、「お客さまに喜んでいただきたい」というホンダ
の企業理念の実践に他なりません。そして、現在、ひとりひとりの多様な「喜び」が尊重される一方で、
地球環境の保全をはじめ、人間全体の将来に大きな影響を与える問題に直面している時代です。
 古い価値観にとどまることなく、そうした問題ひとつひとつを解決していくことが最も重要な課題だと考え
ています。そしてそれが、新しい未来を創造する最短の道であるととらえ、ホンダは真正面からさまざまな
取り組みを始めています。いつの時代でも、人と地球に最適で、そしてホンダらしい新たな商品の創造を
通して「喜び」を提供する−。私たちは、社会とともに、地球とともに、進化し続けています。
                                                取締役社長 川本信彦


’97「会社案内」より
The Honda spirit.
ホンダは、どこへ向かっているのか。わたしたちの考え方や技術力、
そして商品は、何のために生み出され、誰のためなのか。ホンダ
は、ものづくりに携わる企業として、商品とその生い立ちにこめら
れている思想を大切にしたいと考えてきました。そして、創業以来、
オリジナルを尊び、社会ニーズに立脚した商品コンセプトを独自に
作り上げることを何よりも優先してきました。模倣ではなく、オリ
ジナルを作る。お客さまが求めているものは何か。社会に真に役立
つものは何か。ホンダはつねに、そうした時代のニーズを探りなが
ら「こうあるべきだ」という高い目標を掲げ、多様な企業活動の根
幹にその考え方を据えてきました。これまで世に送り出してきた多
くの商品、さまざまな企業活動は、いくつものホンダの表情となって、
わたしたちの歴史を未来へとつないでいます。
                              <会社案内より>

The joy of mobility.
私たちは、モビリティー関連商品の提供を通じて喜びを想像し、世界
に貢献することをめざしています。モビリテイーの本質とは、人が
「移動すること」。いつの時代も人は出逢いを求めて動き、コミュニ
ケーションの楽しさと大切さを発見します。また自らの意志で自由自在
に移動することは、人間の根源的な喜びでもあります。人が、人と出
会うために、そして出会った人々の生活がより豊かになるよう
に・・・。ホンダはこれからも、楽しく、快適なモビリテイーの未来をめ
ざして、さまざまな商品を作り続けていきます。
                              <会社案内より>

「世界の人々の暮らしの中に。」
 1948年に誕生して以来、ホンダは常に「世界に類のないものをつ
くりたい。」という夢を商品にこめて世界中のお客様に語り続けてきま
した。ホンダの商品を支えるものは、「お客さまに喜んでいただきたい」
という理念に他なりません。お客さまの喜びは、私たちホンダの喜び
でもあるのです。
 そして、同じ夢し理念を共有する仲間が。世界にホンダのネットワー
クを広げています。各国の風土や文化を理解し、社会へ融け込んだ世
界各地のホンダは、それぞれに新しい試みにチャレンジしています。
そして、グローバルなネットワークのなかで、社会の一員として自らの
夢を育てていきたい、と考えています。
                       取締役社長 川本 信彦

本田技研工業(株)沿革 

1946〜59
 ’46 創業者「本田宗一郎」、ホンダの前身である本田技研研究所を浜松市に設立
 ’47 第1号製品「A型自転車用補助エンジン」<2サイクル・50cc>生産開始
 ’48 本田技研工業株式会社創立(資本金100万円)
 ’49 「ドリーム号D型」<2サイクル・98cc>生産開始
 ’50 東京営業所を開設
 ’51 「ドリーム号E型」<4サイクル・146cc>発売
 ’52 本社を東京に移転
 ’53 「ベンリイ号J型」<90cc>発売/「汎用H型エンジン」発売
 ’54 浜松山下工場から浜松葵工場に移転
 ’58 超ロングセラー「スーパーカブ」発売
 ’59 マン島TTレース初出場で6位入賞<125cc>
     アメリカホンダ設立

1960〜69
 ’60 鈴鹿製作所二輪車工場稼働/研究所分離独立
 ’61 マン島TTレース完全優勝<125cc・250ccクラス、5位まで独占>
     西ドイツにヨーロッパホンダを設立(現ホンダ・ドイツ)
     鈴鹿製作所より二輪車を台湾へノックダウン輸出
 ’62 三重県 鈴鹿サーキット完成/米国で”ナイセスト・ピープル・キャンペーン”開始
 ’63 ホンダ初の四輪車となったスポーツカーS500と軽トラック「T360」発売
     「スーパーカブ」フランス モンド杯受賞/ホンダ・ベネルクス(ベルギー)二輪車の生産開始
 ’64 F−1ドイツGPに初出場<9位>/ホンダ・フランス(バリ)設立
     アジア・ホンダ(タイ)設立/狭山製作所四輪工場稼働

1970〜79
 ’70 「N360」発売以来3年間、国内販売実績1位/「ホンダZ」「バモスホンダ」発売
     ホンダ工機<現:ホンダエンジニアリング>設立/安全運転普及本部発足
 ’71 軽自動車「ホンダライフ」発売/メキシコで2輪車の生産開始
     ホンダ・モーター・ド・ブラジル<サンパウロ>設立
 ’72 低公害エンジンCVCCを発表/小型乗用車「シビック」発売
     CVCCエンジン、米国マスター法75年規制に合格
 ’73 ホンダ・フェデラル<インドネシア>設立/創業者・本田宗一郎、藤沢武夫退任
 ’74 ホンダ・スイス設立/ホンダ・デル・ペルー設立/(財)国際交通安全学会設立
 ’76 モト・ホンダ・ダ・アマゾニア<ブラジル>で二輪車の生産開始
     ホンダ・イタリアで二輪車の生産開始/熊本製作所稼働/「ロードバル」発売
     「アコードCVCC1600」発売/「シビック」シリーズ生産累計100万台達成<4年間>
 ’77 「シビック」アメリカ燃費テスト4年連続1位/(財)本田財団設立
 ’78 ホンダ・ヨーロッパ<ベルギー>設立/ホンダ・ベルノ店発足
 ’79 栃木ブルーピングセンター完成/ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチュアリングで二輪車
     生産開始/BL社<現:ローパー・グループ社>(英国)との技術提携調印

1980〜89
 ’80 「アコード」生産累計100万台達成(3年10ヶ月)/ミニ・ティラー「こまめ」F200発売
     「タクト」発売/売上高(単独)1兆円を達成
 ’81 「シティー」発売/モトクロス選手権において3年連続チャンピョン獲得
 ’82 中国との二輪技術提携/ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチュアリングでアコードの生産開始
     米国83年型「シビック」の燃費ガソリン車で第1位/北京事務所(中国)開設
     フランス・プジョー社で二輪車の委託生産開始
 ’83 英国ローバーグループ社と乗用車の共同開発契約調印/F−1に15年ぶりに復帰
 ’84 ホンダ・クリオ店発足/ホンダF−1、アメリカGPで復帰後初優勝/ホンダ・リサーチ・オブ・
     アメリカ(現ホンダ・R&D・ノースアメリカ)設立/ホンダ・パワー・イクイップメント(米国)で芝刈り機
     の生産開始/F−1復帰後初優勝/アメリカ・ホンダ財団設立/ラルト・ホンダがヨーロッパでの
     F−2選手権に通算12連勝の新記録を樹立/フランスのサイクルプジョー社と資本提携
     タイで乗用車の生産開始
 ’85 「クイント・インテグラ」発売/ホンダ・プリモ店発足、国内の販売3系列体制整う
     汎用製品生産累計1,100万台達成/ホンダ・デ・メヒコ(メキシコ)設立/インドで二輪の生産開始
     軽自動車「トゥデイ」、最上級車「レジェンド」を発売/売上高(単独)2兆円を達成
 ’86 第8回バリ・ダカールラリーでホンダが1・2・3・5・6位を獲得/米国アキュラ店発足
     真岡部品製作所稼働/ホンダ・カナダでアコード生産開始/スペインで二輪車の生産開始
     ホンダ・ヨーロッパ・パワーイクイップメントで汎用製品の生産開始
 ’87 レジェンドに国産初のSRSエアバッグシステムを搭載/乗用車世界初4WSをプレリュードに搭載
     二輪車用アンチロックブレーキシステムを技術発表/メットインタイプの「タクト・フルマーク」発売
     北米本社ホンダ・ノース・アメリカを設立/「シビック」累計生産台数500万台達成
     ウィリアムズ・ホンダがF−1GPでダブルタイトル(年間ドライバーズチャンピョン、年間コンストラクター
     ズチャンピョン)獲得/二輪車国内生産累計5,000万台を達成(世界初)
 ’88 タイ製「カブ100EX」日本で発売開始/米国製「アコードクーペ」と大型オートバイ「ゴールドウィング」
     日本で販売開始/四輪車生産累計1,500万台達成/ホンダ・マニュファクチャリング・オーストラリア
     で芝刈機生産開始/熊本製作所『ふるさとの森』づくりが内閣総理大臣賞を受賞/低燃費高出力
     VTECエンジン発表/ホンダ・ニュージーランドで乗用車生産開始/F−1GPでホンダ・マクラーレンが
     ダブルタイトルを獲得、F−1史上初の開幕11連勝も達成
 ’89 欧州本社ホンダ・モーター・ヨーロッパ<英国>を設立/本田宗一郎が東洋人として初めて米国の
     自動車殿堂入り/ホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング第二工場(オハイオ州イーストリバティ)
     が稼働/「アコードインスパイヤ」発売/ホンダ・マクラーレンチームが4年連続でF−1コンストラクター
     チャンピョンを獲得し、さらにこの年ダブルタイトル獲得/米国でモデル別乗用車販売台数で「アコード」
     が1位獲得

1990〜95
 ’90 スポーツカー「NSX」発売/国産車初のシートベルト・プリテンショナー&助手席用SRSエアバック
     システムをレジェンドに搭載/「スーパーカブ」が日本デザイン賞受賞/英国ローバー・グループ社
     と資本提携関係を結ぶ/米国アキュラ店がCSI(お客さま満足度)調査で5年連続の第1位の評価
     を獲得/米国クライスラー社製「ジープ」の国内販売開始/軽乗用車初のオープンカー「ビート」発売
     F−1GPでホンダ・マクラーレンがダブルタイトルを獲得
 ’91 ホンダエンジンF−1ブラジルGPで通算60勝目を上げる/米国製「アコードワゴン」日本で販売開始
     英国マン島TTレース10年連続優勝/超低燃費エンジン「VTEC−E」をシビックに搭載/使用済み
     バンパーの回収を本格的にスタート/ホンダマクラーレンがF−1GPでダブルタイトルを獲得(ドライ
     バーズ5年連続、コンストラクターズ4年連続)/創業者・本田宗一郎逝去
 ’92 F−1GPで4年連続コンストラクターズチャンピョンの功績に対し、英国首相より表彰される。
     四輪車生産累計2,000万台達成/「スーパーカブ」生産累計2,000万台達成(世界最多)
     楕円ピストンエンジン搭載ロードスポーツマシン「NR」発売/フィリピンでシビック生産開始
     汎用製品国内生産累計2,000万台達成/環境に対するホンダの取り組み「ホンダ環境宣言」
     を制定/F−1レース活動を92年シーズンにて休止することを発表/英国で四輪車生産開始
     韓国大宇と乗用車の技術供与契約締結/中国に二輪車生産の合弁会社設立/タイで乗用車
     の生産開始
 ’93 汎用エンジンが世界で初めてカルフォルニア州排気ガス規制に適合/香港に販売会社ホンダ・
     モーター・チャイナ設立/いすゞ自動車と商品相互補完の制約締結/鈴鹿サーキット内にホンダ
     コレクションホールを開館/世界最大規模のワールドソーラーチャレンジ1993でホンダドリーム
     優勝
 ’94 電気スクーター「CUV ES」を限定販売/米国のインディカー・ワールドシリーズに参戦/バンパー
     回収・リサイクル全国展開へ/パキスタンで四輪車生産開始/中国で小型発電機合弁会社を設立
     タイに四輪車新工場を建設/トルコに二輪車合弁会社設立/「オデッセイ」発売
 ’95 米国カリフォルニア州のULEV基準をガソリン車で初めて達成/新モータースポーツ&レクリェー
     ション施設「ツインリングもてぎ」着工(栃木県茂木町)/中国に四輪車専用サービストレーニング
     センター開設/シビック世界生産累計1,000万台を達成/北米での四輪車生産累計500万台
     を達成/「シビック」に3ステージVTECとマルチマチック搭載/米国インディカーレース第15戦で
     初優勝/「CR−V」発売              


HONDA spirits