ホンダ関連情報


2007.4.21 本田技研工業(株)社長 福井威夫氏が,テレビがっちりマンデーに登場
2006.4.1 F1グランプリ ホンダは,オールホンダで38年ぶりにポールポジション
2006.2.9 「本田宗一郎」開発の「スーパーカブ」が5000万台達成した。
2000.05.13 「本田宗一郎の流儀」坂崎善之 PHP文庫より発刊  438円
2000.05.03 「ホンダ二輪戦士たちの戦い」<上下>講談社+α文庫より発刊 各600円
2000.05.01 「Movin'you」に「伊藤真一」<ホンダワークスライダー>登場
                  CS放送<Sports-i ESPN>5/5午後9時30分から
2000. 4. 23 NHK総合「プロジェクトX挑戦者たち」
「世界を驚かせた1台の車・ホンダを救った革命エンジン」4月25日21:15〜22:00
2000. 4. 3 ◇国内前製作所で「廃棄物の埋め立て処分『ゼロ化』を達成」
2000.3.30 インサイト無事1500キロ走破<ギネスに掲載か>
2000. 3. 29 インサイト<ハイブリットカー>による無給油走行1500キロに挑戦
−−−東京を出発し、鹿児島を目指す。成功すれば、ギネスに登録か。−−−
2000. 3. 28 屋内全天候型全方位衝突実験施設完成<栃木県本田技術研究所内>
2000. 3. 26 ホンダF1第2戦「10位、リタイヤ」<1台完走でき、一安心。のちに9位に繰り上げ>
2000.3.13 ホンダF1第1戦「4位、6位」入賞<初戦の好成績、今後に期待>
2000. 2.10 天竜市立光明小学校(本田宗一郎の出身校)に「郷土 本田資料室」設置
2000.2.7 中日新聞朝刊「中日春秋」に「本田宗一郎」が一緒に食事をしたい経済人の3位」に。
ちなみに、1位は、松下幸之助。2位は、盛田昭夫
1999.4.28 日刊工業新聞社から「本田宗一郎から学んだモノづくりの極意」発売中
1999.4.10 小学館文庫より「本田の兵法」が発売されている。
1999.1.16 テレビで「LET’S TRY」で『世界の名車 ホンダ編』放送中<本田宗一郎の軌跡>
1998.12.21 ホンダは、『F1』への復帰2000年と決定。99年は、断念。
ホンダは、来年9月をめどに「ハイブリッド車」を発売。ガソリン1リットルで30Km以上走行できる。

1998.11.16  「経済界」12.8号にインタビュー記事「本田技研の吉野浩行社長」が登場
               「ホンダはいつも夢を見ている会社です」

1998.11.8   二玄社より「THE PURSUIT of DREAMS」The First 50 Yeras of HONDA 発売中
               ホンダに関係ある人の文章でつづってある。定価5,000円<4,500円?>

1998.11.7   鈴鹿サーキットで、「オールホンダ感謝デー」が実施される。現在、ホンダ販売店で「ちらし」を配布中。
               このちらしで、10人までが「鈴鹿サーキットへの入場が無料になる。
               また、7日と8日の2日間だが、鈴鹿製作所では、「ありがとう展」鈴鹿サーッキトでは、「ヒストリックミーティング」
               か実施される。鈴鹿製作所と鈴鹿サーキット間は、無料バスで往復が可能。          

1998.10.18 月刊「経営塾」11月号『ワイド特集 ホンダ解体新書』 「ワイガヤ役員室は毎日が経営会議集団」
              <吉野新社長のインタビューを始め、ホンダイズムの一端がわかる。読む価値あり
              @トップインタビュー 吉野新社長 
              A人間解剖・吉野浩行
              B親友 入交昭一郎セガ社長が語る吉野浩行という男
              Cホンダの新権力構造
              D「アメリカ人にとってホンダはもう米国企業
              EF1レースに復帰するホンダの本音
              F射程距離に入った「国内シェア2位」奪取作戦
              Gホンダ「DATA BOX」

1998.9.24  創立50周年を迎えた本田が「S2000」<オープンスポーツカー>を発表

1998.8.8   ホンダ50周年記念書籍発売中 『ホンダ50年史』八重洲出版 
                                 『ホンダメモリーズ50』立風書房

1998.7.24  タミヤ模型よりホンダ50周年記念に次の3種類の限定モデルが発売された。
              「CB750FOUR」 「CB750レーシング」 「HONDA F1」

1998.6.23  マン島でホンダ50周年の記念切手が発売されている。

1998.6.1   『’60年代ホンダGPマシン「ツインリンクもてぎ」を快走』の記事あり
              「モーターサイクリスト7月号」P172〜P175
              ※<懐かしい顔ぶれが見られます。>

1998.6.10    田宮模型より「レプソル ホンダ NSR500’98」 発売  定価2,000円

1998.5.22    テレビ放送「カーグラ」でホンダのレストアマシンの走行風景(午前1時28分から)
              懐かしい「顔」も見られる。

1998.5.1   月刊「オートバイ6月号」にHONDA50年史<1948〜1998>掲載

1998.4.27  本田技研工業株式会社 次期社長に「吉 野 浩 行 」氏

1998.3.24<に知ったよ>  タミヤ 本田技研工業(株)50周年を記念して下記のモデルを復刻
     ドリーム 750 FOUR」 1/6 7,500円 CB750 レーシングタイプ」 1/6 7,500円
     F1」 1/12 4,000円 いずれも7月中に販売   ※「懐かしいですね」予約しといた方がいいかな。

1998.3.18「ツインリンクもてぎ」に2つのテーマ館オープン
        3月21日に「ホンダコレクションホール」「ホンダファンファンラボ」の2つがオープンする。
 「ホンダコレクションホール」は、創業当時から現在までの市販車やレーシングマシンなどを展示。
総床面積8638平方bに約450台が展示されている。
 64年に初めてF1に参加したマシン、ウィリアムス・ホンダ、マクラーレン・ホンダなどのほか、創始者の
本田宗一郎が1923年に4輪レースに出場したときの「カーチス号」、戦後爆発的にヒットした2輪のドリーム
号などと、ファン必見の物ばかりだ。
 「ファンファンラボ」は、生産ライン、モータースポーツ、ロボット製作などホンダの企業活動をわかりやすく
表現したテーマ館である。目玉は、エンジンシリンダを模した360度全周スクリーンを持つ、「シリンダー
シアター」、バイクのライディングを体験できる「ホンダライディングシミュレーター」などがある。
入場無料だが、ツインリンクもてぎの入場料が必要。大人1500円、子ども700円
詳しくは「ホンダワールド」<0285−64−0151>へ

1998.3.9    「本田、F−1復帰へ」新聞各紙
         2000年をめどに準備/チーム運営検討
 本田技研工業は9日、1993年以降、参戦を休止していた国際自動車レースの最高峰F1世界選手権
に、早ければ2000年にも復帰する準備を始めたと発表した。92年までのエンジンの開発・供給だけの
参加ではなく、車体の開発・製造やレーシングチームの運営を含め、本田の「F1レーシングチーム」として
初の総合的なレース活動の展開を検討している。参戦時期を含む全体計画は今年末までに決定する。


復帰の理由<川本 信彦社長>
 「若いエンジニアの熱い意志をうけ、F1復帰への具体的検討に入った。創立50周年を機に、新世代
ホンダの新たなチャレンジだと考えている。より多くのモータースポーツファンの期待にこたえたい。」