katsukunアトピーを語る

2007/1月

現在 状況
1月13日  高校入学後,しばらくよかった皮膚状態も2年になり悪化。以前通院していた病院へ行くが,改善せず,今年から,違う病院に行く事にした。
 そこでは,「お米」に原因があると言われ,以下の米を購入し,食べる事になった。

2000年5月現在

現在 状況など
2000年
5月14日現在
 現在は、腕の関節の辺りがひどくて、腕が曲がらない状態が続いている。水泳も出来ないし、自転車にも乗れない状況だ。
 また、無理をすると「血」が出てしまう。本人も、暑いのに「長袖」で登校している。

現在の治療
 医者からの薬(ラジデン)
 強酸性水の散水

アトピーの始まり

1.発症 3歳になるちょっと前だと思う。関節のあたりが赤くなるのに気づいた。皮膚科に連れて行くが、たぶん「アトピー」だろうと言われる。
2.闘い それ以来、日に日に皮膚の様子が悪くなり、「かさかさ」の状態から、かゆくてかくために、皮膚に亀裂が入り、血がにじむようになった。
3.本との出会い 伊藤 仁の「アトピーが消える日」と言う本で知った「水」を使い始めてリバウンドは相当出た物の、小康状態だった。確かに、「水」が効果があった。
4.尿が出ない 小学校入学と共に、アトピーは悪化した。おしりがひどく、イスに座れずに、授業を立って聞くと言うことになった。給食時も立って食べるために周りから「行儀が悪い」と言われて泣いた。
なかなか「水」では改善せずに、とうとう「おしっこができない」と言う。しみて、痛くて仕方がない様子だった。
知人に聞いた病院に通うようになった。
1年に1度くらいはこういう状態が来る。
5.大学病院 あまりのことに、大学病院へ連れていった。しかし、言われることも、薬も同じだった。
6.温泉 志賀高原の熊ノ湯温泉にスキーに連れていったところ、2日目には症状が改善していることに気がついた。「温泉」が効果あるんだと知った。
7.田んぼ 近くにある、「たんぼ」に入った翌日。とんでもないことになった。皮膚全体が水ぶくれのようになっている。すぐに医者に連れていき、薬を塗る。
田んぼの「農薬」が原因なんだろうか・・・。以後、みんなと一緒にオタマジャクシやカエルを捕まえることはなかった。
水の購入先は、
ケイン名古屋東ステーション<チタクラフト>
名古屋市千種区新池町2−35 電話052−782−0565
月から土 9時から6時 名古屋市立東星中学校西