katsukun子育てを語る

保育園編  小学校編

我が家は、共働き夫婦。近所に住んでいた私の母親が入院したとたん、我が家は「子育て」がメインテーマになった
1.下の子<当時1歳>
   を誰が見るのか
平成5年1月5日に、私の母親は、「腹水」がたまっていることに気がつき、病院へ行った。
 その時点で「即入院」が決定。あわただしく午後から「検査」の連続だ。退院がいつになるかわからず困った。
 妻の母親は、既に「肺ガン」で入院。我が家は、途方に暮れることになる。ちなみに、両方の父親は、既に他界。

 下の子は、まだ1歳。どこに面倒を見てもらうかを真剣に考えたが、公立の保育園は満員でダメ。私立の保育園は近くなくてダメ。
 ここで、職場の女性に聞いてまわる。幸い、数ヶ月なら見てくれそうに人が見つかった。しかし、問題は、時間。この時間では、連れて行ってから職場に行ったのでは遅刻だ。特に、上の子を保育園に送ってから行くのだから、大変だ。保育園は、どんなに早くても、7時30分からだから・・・。
 そこを上司に何とか理解してもらい、何とかクリア。しかし、数ヶ月後は、どうなるのか考えなければならなかった。
2.大事件発生  それ以来、いろんな事が我が家をおそったが、最初に連れていったときに、わけもわからず置いて行かれる恐怖に泣き叫んだことは言うまでもない。これが1週間は続いただろうか。たった1歳で、まだ歩き始めた頃である。
 一大事はすぐに起こった。散歩に連れていってもらった公園で、コンクリート製のベンチの角に頭をぶつけて、額に大けが
 職場に連絡が入り、急きょ休暇を取って、病院に運ぶ。何針縫っただろうか。覚えていない。息子の体を押さえながら、涙が出た。その時に、叫んだ言葉が「お父さん」だったから、看護婦さんが「めずらしいね。普通は、お母さんと言うのにね。」と言った。
 家に帰って、それを話すと、妻は「仕方がないね。」と言ったが、たぶん、辛かったと思う。
 入院している母親には、内緒にしていたが、連れていかない日が続いたので、「どうしたの」と聞かれて、事実を話した。私の母は、「私が入院さえしなければ・・・」と泣いた。
 この事件は、今後の子育ての大変さの第1歩だった。
3.保育所探し  何とか、3月までは良いが、4月からは、どうしよう。公立の保育園は、定員が3人という。この中に入れなかったらどうしよう。しかも、結果は、ぎりぎりにしかわからない。
 仕方がないので、私立の保育園に取りあえず申し込んだ。ここは、とても、職場に間に合わない。
 ところが、願いが天に通じたのか、4月から「公立の保育園」への入所が決定。2人で「ほっ」と胸をなで下ろす。
4.保育園入所  いよいよ4月。ところが、最初は「お迎えの時間」が決まっていて、早く迎えに行くことになっている。昼までに迎えに行かなければならない。これには、困った。結局私が休暇を取って、迎えに行くことになった。幸い、上の子が女の子で、弟の面倒を見てくれた。
5.登園拒否  9月5日に母は他界した。入院後1年も経たずにだった。
 息子と言えば、1年目は、上の子もいたので、何とかなったが、次の年、正月を休んだ1月の最初の登園日に、「登園拒否」になった。理由はよくわからない。「行かない」と言って、車に乗らない。
 だまして、車に乗せて行くが、車から降りない。なだめすかして降ろすが、2階に連れていって、職場に向かおうとすると。落ちないようにゲートが木で作ってあるのだが、それにすごい勢いで走ってきてぶつかると言うことを何度もする。血が出ても続ける。
 さすがに、初日は休暇を取ることになった。
 ここに来て、「ものごころがついた」のかも知れなかった。こういうことが約1週間続いた。その間、子供と家にいて、いろいろと遊んだ。

<この出来事で学んだこと>
 あせらずに、子どもを見ること。なぜなら、仕事に行かなくてはとあせればあせるだけダメだった。もうしょうがないと思って遊ぶようになったら、何とか行けるようになった。終わってみてわかったことだけれど・・。
ただ、この件で、私自身の体調不調は長く続くこととなった。 
6.保育園在園中  ・年小になってからは、けがをしたくらいでよかった。途中、年の上の子が「砂」をかけたからと、ままごと用に置かれてあった「フライパン」を投げつけたこともあった。幸いけががなくてよかった。
 ・ドッヂボールの時に、ボールを拾いに行き、花壇のあるのに気がつかずに、レンガに激突し、またもや病院に連れていった。
7.卒園をむかえて  今日、卒園を迎えるにあたって、気がついたことを書きました。「子育て」に頑張っている人たちの参考になれば良いな。
 今思い出すと、いろんな事が頭をよぎります。でも、何とかなったなと言う気持ちでいっぱいです。保育園の先生達にも恵まれたし、保護者の方にも恵まれて、今日卒園式に夫婦で参加します。
 ただ、この事で、自分の仕事はいろんな人に迷惑をかけ、やりたいことが出来なかったことも事実ですし、同期の人たちが出世していく姿を見ると、ちょっとだけ寂しい気持ちがします。
 しかし、ここに立派とは言えなくても、成長した「子ども達」がいることが自分にとって、一番だと思います。まだまだ小学校中学校と続きますが、やれることをやっていきたいと思います。