本田宗一郎

              「得手に帆挙げて」
1906年、静岡県磐田郡光明村に生まれる。48年に設立した「本田技研工業」を「世界のホンダ」へと躍進させた。
その手腕と仕事にかける情熱は、ホンダイズムとして松下幸之助と並び称され、多くの共感を呼んでいる。
73年、藤沢副社長と共に、社長を退任、取締役最高顧問に就任。81年には、勲一等瑞宝章を授与される。
89年、自動車業界において革新的な業績をあげた人々を記録するAutomotive Hall Fame に、日本人として初めて
殿堂入りを果たす。91年8月没。主な著書に「私の手が語る」「スピードに生きる」などがある。
                                        <得手に帆挙げて 三笠書房  「著者紹介」より>

略歴
  
明治39年 11月17日静岡県磐田郡光明村(現天竜市)で生まれる。
  大正11年 尋常高等小学校卒業後、アート商会<自動車の修理工・東京・本郷>に入社
  昭和 3年 浜松にアート商会浜松市店を設立し、工場主となる。9年、東海精機重工業を設立

  <21歳> ピストンリングの製造を行う。
  昭和 7年 藤山一郎のクルマ(ルノー)を修理する。 
  昭和 9年 ピストンリングの開発開始
  昭和10年 11月20日 磯部さちと結婚
  昭和12年 浜松高等工業学校<現静岡大学工学部>聴講生となる。
  <29歳>
  昭和14年 東海精機重工業(株)入社
  昭和21年 本田技術研究所を設立、内燃機関、機械の研究、製造を開始。
  <39歳>   
  昭和21年 自転車用補助エンジン通称「バタバタ」を販売
  昭和23年 9月24日 浜松市板屋町257番地に
                本田技研工業(株)を資本金100万円で設立
  昭和24年 「ドリームD型」発表  藤沢武夫と出会う。
  <43歳>
  昭和27年 東京都中央区槇町3−3に移転・小型エンジンの発明により、藍綬褒章受章
  昭和36年 自ら研究部門の陣頭指揮を取り、二輪車の世界グランプリレースを制覇。
  昭和39年 F1に挑戦、V型12気筒1500CCと我が国初のレーサーを完成させる。
  昭和41年 グランプリレースで5種目で史上初の完全制覇達成。
  昭和48年 本田技研工業社長退任、取締役最高顧問となる。副社長の藤沢武夫と共に、そのさわやかな
          引退ぶりは脚光を浴びた。
  平成元年  日本人として初めて米国の自動車殿堂入りをはたす。
  平成3年   8月5日 逝去