1.私とオートバイとの出会い

 高校1年の時、出会ったバイクは「CB50」。以来「ホンダ」とのつき合いが始まる。CB250・CB350そして
CB750F<ドリーム>そして、それが本田宗一郎との出会いでもある。
 
 当時、「ナナハン」にあこがれ大型自動二輪<まだ、中型はなかった。ヘルメットも厳しくなかった>を取得。 大学
受験のため、しばらくバイクに遠ざかる。しかし、大学生になって、250CCに乗る。
 
30歳を前に本田邸を訪れるが、場所がわからず断念。それが一生の後悔である。その後、帰らぬ人となってし
まったのである。
就職して、残念ながらまたしてもバイクから遠ざかる。しかし、40歳の今、もう1度、夢<ドリーム>
を求めてバイクと出会った。